東大推薦入学者のリアルな悩み

なぎさ

東京大学文学部社会学科。地方出身の東大推薦入学第1期生なのだが、東大内学歴コンプレックスの悩みなど色々あって留年。そのあとコスプレを始めたオタク落第生である。現在はしっかり大学に復帰して研究に励んでいるそうだ。中の人は身長150cmでよく人からナメられるので、威嚇のためにピアスを8つほど開けている。東大生と信じてもらえないことが多いのはこのせいか?

@染平かつ

【名前】                            なぎさ

【タイプ】                    コスプレタイプ

【学部・学科】                文学部社会学科

【部活・サークル】      まるきゅうproject

【二外】                             スペイン語

【特徴】

根っからのオタク
←15年かけて熟成されたオタク。最近2.5次元の舞台に金を落とし始めて破産寸前…

顔がいい人に弱い
←「美男美女は養うからおいで」

酒が好き
←今は日本酒とワイン、それからテキーラを勉強中。

華々しく入学、だけど…

さて、最初に書いた通り、私は推薦入学の1期生。

 

地方の自称進学校で先生に勧められるがまま受験して、アニメや漫画などのサブカルチャーで地方活性化がしたい!みたいなことをオタク特有の早口で熱く語っていたら何故か合格

 

だけど、当時の自分にとって身の丈に合わない大学だったんだよね。多分、ここだけの話、東大を一般入試で受けるような学力なかったと思う。一般で入学した子からしたら「はあ?」って感じだと思うけど、せいぜい京大の文学部で運が良ければ受かるかな〜みたいな?

 

だから当たり前なんだけど、入学後、周りとの差に愕然としちゃって。日に日に劣等感が増して、それでもまあ大学で受験勉強する訳じゃないし、ちゃんと向き合えばなんてこともない差だったはずなのよ。

 

でも私はその劣等感がどうしても拭えなくて、次第に授業に出るのが怖くなっちゃって、1度出ないと次出るのがもっと怖くなって…。そうこうしてる間に単位が足りず留年。やっちまった。

 

こういう東大生もいるんだよ。

 

みんながみんなすごい、強い人間じゃないんだよね〜〜少なくともここにいるから。

コスプレと新しい居場所

単位が足りなくて留年と言っても、残りの単位数は片手で足りる程度。ということで次のセメスターはまるまるお休みにしました(わーい😂)やりたいことやって充電しよう、残りの単位はAセメスターの自分に任せた!ということで、ね。

 

そこで出会ったのが今入っているサークルでした。端的に言うと、コスプレして学祭で踊る集団、かね。なんとも奇妙なサークルだ。実はずっとこの団体のファンだったんだけど、暇もできたことだし何か新しいことを始めてもいいかなと思って、気づいたらなんか五月祭でコスプレして踊ってました

 

「なんだこれめちゃくちゃ楽しいぞ」「コスプレして踊り狂う東大生ってやばくない??超楽しい」

 

なんか、オタクはどこにいてもオタクなんだなって思って、あれ?東大生ってそんな怖くないんじゃね?って気づいて、結果的にいろいろ吹っ切れました。

 

オタク最高!東大来てよかったわ!

地理

当然だけど教科書が大事

地理だけだったらかなり成績が良かったから自信持って書ける。

 

自分が成績伸びた理由を考えてみたら、やっぱり教科書を何度も読み込んだことかな。歴史科目も必須だけど、特に地理の場合は理解力がものをいうから、単純な暗記だけだとしんどいのかも。

 

インプット教材をなんでもいいので一冊買って、それに系統地理と地誌を合わせて2冊用意。あとはひたすらそれを熟読すること。

 

用語なんてのはあとから次第に覚えていくから、まずは教科書を読んでみて。

改訂第3版 センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本 [ 瀬川聡 ]

価格:1,620円
(2019/2/9 01:58時点)

村瀬のゼロからわかる地理B 系統地理編 (大学受験プライムゼミブックス) [ 村瀬哲史 ]

価格:1,620円
(2019/2/9 02:00時点)

問題演習は新しいものを

「新しい」ってなんやねんって思うと思う。これは、データが新しいものを使った最近の問題ってこと。

古いデータを使った問題はあんまり参考にならないのが、地理が他の歴史科目と違う点かな。他の科目は過去問を遡れば遡るほどいいけど、この科目は一概には言えない。

最新情報をチェックしよう!
>「東大生図鑑」

「東大生図鑑」

東京大学五月祭で1,000冊完売した「東大生図鑑」。日本最難関受験と称される東大受験を見事突破した東大生の生い立ちや悩み、将来の夢、趣味や特技、そして各科目の勉強法がすべて詰まった伝説の冊子。増刷を経て販売を再開しました。

CTR IMG