【2021年最新】東京未来大学は本当にFラン?東大生が考察してみた

学生
周りの奴が東京未来大学のことFランって言ってたんだけど本当?

 

管理人
Fランの定義を間違えている人が多いので鵜呑みにするのは要注意!東大生が調査してみました

 

東京都足立区に本部を置く東京未来大学。

 

心理学の分野で有名な多湖輝を名誉学長として教員の半分以上が心理学を専攻していることが知られています。

 

学部組織としては子ども心理学部とモチベーション行動科学部が設けられており、心理学や行動心理学に特化したカリキュラムが組まれています。

 

そんな心理学に強い東京未来大学ですが、ネット民からは

 

 

上記ツイートのようにFラン呼ばわりされているのが現実です。

 

今回は東京未来大学が本当にFランなのかどうか、学歴に詳しい現役東大生が詳しく調査し判定してみたいと思います。

 

東京未来大学は本当にFランなのか?

ネット民の反応を見ると「Fラン」とバカにする人もいれば、下のツイートのように「Fランではない」という人もいます。

 

 

受験生としてはどっちかはっきり分からず、志望校にすべきかどうか決めかねてしまうでしょう。

 

管理人
結論から言います。

筆者が詳しく調べてみたところ、

 

東京未来大学はFランではありませんでした

 

以下Fランではないと判定した理由を詳しく述べていきます。

東京未来大学がFランとは言えない根拠①

東京未来大学がFランとは言えない理由として最初に挙げられるのは「偏差値が35を下回っていないから」というものです。

 

どういうことかと言いますと、狭義のFランの基準に「河合塾偏差値が35を下回っているかどうか」というのがあるのですが、その基準に照らし合わせると東京未来大学はFランには相当しないということです。

 

世間一般的にはFラン大と言えば日東駒専以下の無名大学というイメージがあると思いますが、実はあれは学歴厨のネット民が勝手に広めたもので、その基準に従うと日本に存在する8割がたの大学がFラン大になってしまいます

 

河合塾からデータの提供を受けている大学受験パスナビによりますと、東京未来大学の偏差値は以下のようになっています。

 

 

東京未来大学の2つある学部のうち両方とも偏差値が40以上あることがお分かりいただけるかと思います。

 

管理人
モチベーション行動科学部に関してはFランにかすりもしないですね

 

このことから、まず偏差値の観点で東京未来大学がFランではないことが証明できます。

 

東京未来大学がFランとは言えない根拠②

東京未来大学がFランとは言えない理由として次に挙げられるのは「目立った定員割れを起こしていないから」というものです。

 

同じく大学受験パスナビのこちらの画像によりますと、

 

 

AO・推薦入試を除いてどの選考も倍率が3倍以上あることが伺えます。

 

基本的にFラン大というのは「名前を書けば受かる」ボーダーフリー(倍率1.0以下)の大学を指しますから、倍率が3倍以上ある東京未来大学はとてもFラン大とは呼べません

 

したがって、入試結果の観点からも同大学がFラン大学とは言えない理由がお分かりいただけたかと思います。

東京未来大学がFラン呼ばわりされる理由とは

上では東京未来大学がFラン大と言えない理由について解説してきましたが、いったいどうしてFランとは程遠い東京未来大学がFラン呼ばわりされるようになってしまったのでしょうか。

 

筆者の個人的な見解ですが、それは大学の名前のせいだと考えます。

 

こちらのツイートにあるように↓

 

 

東京〇〇大学という名前の大学は総じてFランっぽい大学である傾向が確認されています

 

残念ながら、東京未来大学はまさにこの「東京〇〇大学」に該当するためにFラン判定されてしまうようです。

 

ただ、全部が全部Fランというわけではないので注意が必要です。

 

関連記事

学生友達が東京都市大学のことをFラン呼ばわりしてたんだけど本当なの? 管理人現役東大生が本当かどうか考察してみたので判定結果を言います 東京都世田谷区に本部を置[…]

関連記事

学生東京情報大学ってFランなの?落ちたらやばい? 管理人現役東大生が複数の根拠を基に解説します 千葉県千葉市に本部を置く情報系の大学である東京情報大学。通称は「[…]

最新情報をチェックしよう!